お久しぶりです、Hanaです✨

 

この2年間 SNSでの発信をメインに行ってきた私たちですが、

去年から「皆さんと直接お話しできる機会を作っていきたい」と

話していたのはご存知の方もいるかと思います。

 

そこで....今年

1月13日 やっとその第一歩を踏み出すことができました!🎉

場所は私たち姉妹の母校でもある、世田谷区にある和光小学校

 

子供の感性や個性を大事にした、

とても素晴らしい教育をされている学校で、

一般社団法人“人間と性”教育研究協議会(性教協)幹事でもある

北山ひとみさんが校長先生に就任してから、

更に子供の性教育に力を入れています。

 

また親御さんたちに向けた

性と生を考える同好会」も設立されており、

今回はその中で講演をさせていただきました。

 

布ナプキンのネガティブな部分がフォーカスされがちな中、

私たち人間の身体の仕組みにも触れながら、

本当は、「こんな素晴らしい点があるんだよ」なんて話しや

 和光小学校での布ナプキン講演

 

実際によくいただく "漏れないの?" という質問から、

他の生理用品とも比較しながら吸収実験をし、

・液の広がり具合

・浸透具合

・膨らみ具合

なんかも見ながら、皆さんとても興味深く参加してくれました。

布ナプキン吸収実験

 

 

ただこちらから情報を提供するというよりかは、

親御さんたちや先生たちと意見を交わし、

実際に「見て、触れて

学びや発見のある楽しい会になったかと思います。

 

 

講演の最後には、

親御さんたちの悩み子どもに対する想いなども聞くことができました。

 

子どもと親御さんたちの間の年代にいる私たちだからこそ、

両方の意見も聞きながら、

今後は和光の小・中・高校生とも交流できればいいなと、お話ししています。

 

最後に。

 

布ナプキンは、

「生理をなかったこと」にするのではなく、

身体に目を向ける期間とし、

そこから得た気づきをライフスタイルに

活かすことができる「素晴らしいアイテム」

 

今後はこのような講演を通じて

自分の身体と改めて向き合うきっかけづくりをしていきたいです。

 

 

和光小学校の先生方、参加してくれたお母さん方、

ありがとうございました!😊

 

右からAnzu, 北山校長先生、保健室の優子先生、私

和光小学校での講演